魔法のホール 寝てる子開発えっち 3話ネタバレ

更新日:

敏感になってく身体に戸惑いながらも我慢できない女の子

無料立ち読みはこちら
魔法のホール
寝てる子開発えっち

 

敏感になってく身体に戸惑いながらも我慢できない女の子

17日目の深夜…

「彩夏ちゃん…止められない…」

オ○ホを手に持って目を閉じるとフリフリの付いたパンツが見えた。

「えっちすぎ…」

今日始めるオ○ホへの愛撫は口を使う事にした。

クリ○リスを口に含むと唾液でしっかり濡らす。

加減が分からないが、彩夏の顔を見ると気持ち良さそうだ。

彩夏のその反応を見ていると、一登は次第に大胆になっていった。

思いつく限りの愛撫を続けた。

だがもう舌が疲れてきて動かすのが限界になってきた。

クリ○リスにローションを付けて指で撫で回す方に切り替える。

「あッ…あ~~~」

彩夏の反応は強く、さらに愛撫を続けた。

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち

 

「イっていいよ、彩夏ちゃん…」

「あぁ…あ…はぁ…あ〜〜〜」

魔法のオ○ホがヒクヒクしている。

「すごい!イってる…」

24日目になり…

この夜、一登はある事を考えた。

「口でイカせたいなぁ…」

ただ…

「指と違って疲れちゃうのがなぁ…」

イカせたい一心の一登は舌での愛撫を続けてみる。

かなり感じている様子の彩夏、強めの愛撫を加えてみた。

今までで一番強く吸い、舌の先で刺激する。

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち

 

「んんッ…」

「もう一押しかな…?」

大きく息を吸って、クリ○リスを舌で強く弄る。

「あッ…あ〜〜〜」

「やった!初めて口で絶頂させる事が出来た…!!」

どうしようもなく興奮状態の一登は自分にご褒美を与える事にした。

「彩夏ちゃんから離れたくない…出る…イきそう…」

罪悪感を感じながら射○した一登。

オ○ホに大量の精○を注ぎ込む。

そんな中、彩夏の心の声が聞こえてくる。

「わっ…ぬるって…」

目が覚めた彩夏はどうしてぬるっとしているのか意味が分からない。

魔法のホール、寝てる子開発えっち…

敏感になってく身体に戸惑いながらも我慢できない女の子。

 

魔法のホール 寝てる子開発えっち

 

自らパンツを脱いだ彩夏は…

無料立ち読みはこちら

 

-魔法のホール 寝てる子開発えっち

Copyright© 魔法のホール 寝てる子開発えっち~ターゲットは隣の女子学生~ネタバレを無料一気読み! , 2019 All Rights Reserved.